できるだけ安くお家を建てたい…

ローコスト住宅で使用される断熱材って効果あるの?

断熱材

家づくりにおいて重視すべきポイントには様々な項目がありますが、断熱材もその中のひとつです。これは住宅の断熱性能や気密性能を大きく左右しますが、断熱性能や気密性能が低いと夏は暑く冬は寒い住宅となりますし、冷暖房の効率も悪くなるので電気代も高くなってしまいます。
加えて建物内の温度差が大きくなることでヒートショックのリスクも高まるため、ローコスト住宅であっても重視すべきポイントとなるでしょう。

また一口に断熱材と言っても様々なものがありますが、その種類は大きく繊維系断熱材と発泡プラスチック系断熱材の2種類に分けられます。
繊維系断熱材は原料を繊維状に加工したもので、さらにガラスを主原料とするグラスウールなどの無機繊維系とパルプや古紙を主原料としたセルロースファイバーなどの木質繊維系に分類可能です。
一方の発泡プラスチック系断熱材はプラスチック素材の中に無数の細かな気泡を閉じ込めたものです。代表的な発泡プラスチック系断熱材としては硬質ウレタンフォームやEPS(ビーズ法ポリスチレンフォーム)、フェノールフォームといったものが挙げられます。

このように断熱材の種類には様々なものがありますが、多くローコスト住宅で採用されているのはグラスウールです。グラスウールとはガラスを高温で溶かして繊維状に加工したもので、価格が非常に安いというメリットがあります。また火災や害虫に強いというメリットもありますが、断熱性能は決して高いとは言えません。
それは断熱材の効果は熱の伝わりやすさを表す熱伝導率によって測られることが多いのですが、グラスウールの熱伝導率は他のものと比べると比較的高いというデメリットがあるからです。
加えてグラスウールは施工時に隙間が生じてしまうこともあり、正しく施工しないと十分な断熱性能が得られないというデメリットもあるので、グラスウールを選択する場合は業者選びも重要となります。

このように、グラスウールは熱伝導率が低く慎重に業者選びをしなければいけないというデメリットがありますが、住宅の断熱性能は単に熱伝導率だけで決まるわけではありません。
住宅の断熱性能は、R値(熱抵抗値)という指標で評価されるのですが、このR値(熱抵抗値)は断熱材が厚く熱伝導率が小さいほど、値が大きくなって断熱性能が高まります。そのため、グラスウールであっても厚いものを使っていれば、十分な断熱性能が得られます。

またローコストハウスメーカーの中には、代表的な発泡プラスチック系断熱材であるフェノールフォームといったグラスウールよりも熱伝導率が高いものを採用しているメーカーもあるので、ローコスト住宅だからと言って使われている断熱材の効果を疑問視する必要はないでしょう。