できるだけ安くお家を建てたい…

ローコスト住宅なのにもっと安い!超ローコスト住宅って何?

現在、一般的な注文住宅よりも安い価格で建てられるローコスト住宅を扱うハウスメーカーは多数ありますが、その中には超ローコスト住宅を売りにしているメーカーもあります。
超ローコスト住宅とはローコスト住宅よりも更に安い価格で建てられる住宅のことで、一般的には建物の本体価格が1000万円未満、坪単価が30万円以下の住宅のことを指すことが多いです。

超ローコスト住宅はその多くが間取りや設備などの仕様があらかじめ決められているため、設計の自由度は極めて低く、設備のグレードも低め、断熱性などの住宅性能も最低限といったデメリットがありますが、同時に様々なメリットも存在します。

マイホームを建てたいと希望する方の中には、住宅よりも住むエリアを重視したいという方も多いのではないでしょうか。建物本体の価格が非常に安い超ローコスト住宅であれば、土地にお金をかけられるので希望のエリアに住める可能性が高まります。
加えて超ローコスト住宅であれば住宅ローンの返済額が安いため、月々の経済的な負担を軽くすることが可能です。場合によっては賃貸物件で支払う家賃よりも返済額が安くなることもありますが、返済額を増やすことで返済期間を短くすることもできます。
また20代でマイホームが持てるのもメリットのひとつです。超ローコスト住宅であれば住宅ローンの審査にも通りやすく、20代でマイホームを取得しておけば早い段階でローンを完済できるので、将来設計が立てやすくなります。さらに超ローコスト住宅は大規模なリフォームと同じ程度の金額で建て替えられるケースもあるので、ライフスタイルに合わせ建て替えがしやすいのです。

以上まとめて、土地にお金をかけられる・住宅ローンの返済額が安い・20代でマイホームが持てる・ライフスタイルに合わせ建て替えがしやすいことが代表的なメリットとなります。
しかし近年では1000万円未満どころか500万円台でマイホームが建てられるケースも少なくありません。代表的な500万円台の超ローコスト住宅としては、ヒラキハウジング「建つんです500」や友建設「夢55の家」、楽ちん住宅「R-01」などが挙げられます。これらのハウスメーカーはいずれも全国展開しておらず、すべて平屋となります。
ヒラキハウジング「建つんです500」は間取りの変更が、友建設「夢55の家」は4パターンの中から間取りを選択可能です。
また楽ちん住宅「R-01」はシンプルな1LDKの平屋住宅となりますが、楽ちん住宅ではR-01以外にも1000万円未満の住宅を複数扱っており、家族構成やライフスタイルに合った住宅を選ぶことが可能となっています。