できるだけ安くお家を建てたい…

ローコスト住宅を購入する前に知っておきたい工法の種類

cost

住宅を建てるための工法には様々な種類がありますが、工法は住宅の性能や間取りの自由度を大きく左右します。
工法によってハウスメーカーなどの施行会社を選ぶ方もいるほど工法は家づくりにおいて重要な要素となるため、ローコスト住宅を購入する際は工法についての知識をある程度身に着けておくことが大切です。

現在は様々な施行会社が一般的な注文住宅よりも安い価格のローコスト住宅を扱っています。例えば代表的なローコストハウスメーカーであるタマホームなどでは基本的に木造の在来軸組工法を採用しています。木造の在来軸組工法は日本の戸建住宅で最も多くの割合を占める工法で、柱と梁を組み合わせて骨組みをつくり、そこに筋交いと呼ばれる斜材を加えることで水平方向への強度を増しているのが特徴です。
在来軸組工法は古くから日本に伝わる工法なので、熟練の大工が多いことに加えて間取りの自由度が高く、壁を少なくして大きな空間の部屋を作れるといったメリットがあります。

またツーバイフォー工法も木造住宅の工法のひとつです。ツーバイフォー工法は、壁によって建物を支える工法で、厚さ2インチ幅4センチの角材と構造用合板パネルを組み合わせることで住宅を建てていきます。使用する建材は基本的に規格化されているため建築コストを抑えることが可能で、職人の技量によって仕上がりに差が生じにくいというメリットがあります。加えて面で建物を支えるので、あらゆる方向からの衝撃に強いのもツーバイフォー工法の特徴です。
以上の在来軸組工法とツーバイフォー工法が木造住宅の代表的な工法となりますが、建物には鉄骨造や鉄筋コンクリート造のものもあります。

鉄骨住宅の工法は、大きく軽量鉄骨ブレース構造と重量鉄骨ラーメン構造の2種類に分けられます。軽量鉄骨ブレース構造は、在来軸組工法における木材を鉄骨に置き換えた工法です。強度が高い鉄骨を使用するため耐震性は高まりますが、木材を使用する場合と比べて間取りの自由度は若干下がってしまいます。
重量鉄骨ラーメン構造は高層の建物に適した工法です。鉄骨の骨組みのみで建物を自立させるのが特徴で、設計の自由度が高く、大きな空間をつくることも可能です。

また、鉄筋コンクリート造の工法にはラーメン構造や壁式構造などがあります。
ラーメン構造は基本的には鉄骨住宅の工法における構造と同じですが、鉄骨ではなく鉄筋コンクリートを使って骨組みをつくるため非常に強固な建物となります。
壁式構造は、壁と床を組み合わせることで建物を支える工法です。耐震性が高く広い空間をつくりやすいという特徴がありますが、基本的に建築コストはラーメン構造より安い傾向があります。

以上が住宅を建てるための代表的な工法となります。ローコスト住宅を検討するのであれば最低でも在来軸組工法とツーバイフォー工法について押さえておきましょう。