できるだけ安くお家を建てたい…

新築を建てる際の注意点、その家の耐久性能・耐震性能は十分か?

新築住宅を建てる場合、耐震性能や耐久性能を気にする方は非常に多いかと思います。特に住宅の耐震性能や耐久性能は地震などの災害が多い日本において重視すべきポイントと言えます。

耐震性能は耐震等級という基準によって評価されるのが一般的です。耐震等級とは地震に対する建物の強度を表す指標で、強度に応じて等級1から等級3までの3段階のランクで表示されます。耐震等級1は建築基準法で定められている最低限のランクで、一般的な住宅はこのランクであることが多いです。これは震度6~7程度の地震でも倒壊・崩壊しない程の性能を誇りますが、建物が損傷して大規模な修繕や建て替えが必要になる可能性があります。
耐震等級2は耐震等級1の1.25倍の性能を誇るランクです。
長期優良住宅として認められる条件のひとつになっているランクで、災害の際に避難場所となる学校などの施設は耐震等級2以上でなければいけないと定められています。
更に耐震等級3は耐震等級1の1.5倍となります。非常に高い性能を誇るランクで、警察署や消防署などの施設のほとんどは耐震等級3となっています。
このように耐震等級のランクによって地震に対する住宅の強さは大きく異なるため、新築住宅を建てる際は耐震等級についてもチェックしておくことが大切です。

また耐震等級は建物の軽さ・耐力壁の量・耐力壁や耐震金物のバランス・床の耐震性能(水平構面)の4つの要素によって決まります。建物は重量が重いほど地震による影響を受けやすいため、建物の軽さは耐震性能を測る要素のひとつとなります。
また耐力壁とは建物に加わる横方向への力に耐えるための壁のことで、この耐力壁の量が多いほど耐震性能が高くなるのが一般的です。

加えて耐力壁や耐震金物のバランスも重要です。耐震金物とは、構造材の接合部を補強するために金具で、地震の際に建物の倒壊を防ぐために設置されます。
ただし耐力壁も耐震金物も単に多く使えば良いというわけではなく、バランス良く設置することで始めて期待通りの耐震性能を得ることができます。

さらに、床の耐震性能(水平構面)も耐震等級を決める要素のひとつです。
地震などによって水平方向の力が加わると建物にねじれが生じて倒壊するリスクが高まりますが、床の耐震性能(水平構面)を高めることで地震などによって建物に加わる力を上手く分散することが可能となります。

耐震等級が高い住宅は、安心して住めるだけでなく地震保険の保険料が安くなるというメリットもあるため、耐震性能は新築住宅を建てる際にチェックしておきたいポイントのひとつと言えます。しかし耐震等級が高い住宅は建築コストも高くなり、柱や壁の数が増えることで間取りの自由度が低くなる恐れがあるので注意が必要です。