できるだけ安くお家を建てたい…

新築を購入するか、リフォームするかどちらがお得?

マイホームの購入を検討する際に新築住宅を購入するか、中古物件をリフォームするのかで迷う方は多いかと思います。これらにはそれぞれメリットとデメリットが存在するので、十分に理解した上で自分たちに合った方を選択しましょう。

まず新築住宅のメリットとしては太陽光発電システムなどの最新の設備を設置しやすいことや、構造部分に不安がなく耐震性や耐久性が高いことなどが挙げられます。
また注文住宅であれば自由な間取りにできますし、高い住宅性能や最新の設備によってメンテナンス費用が抑えられるというメリットもあります。
一方でデメリットとして挙げられるのは、価格が高いことです。住宅性能が高く設備も最新なので価格が高くなるのはやむを得ませんが、新築物件には販売経費も上乗せされるのでその分だけ割高となっています。
加えて立地条件を選べないのもデメリットのひとつです。基本的に新築住宅は郊外に建てられることが多いため、利便性の高い人気エリアに住むのは非常に難しいと言えます。さらには完成済みの建売住宅でない限り、実際の住み心地をイメージしにくいというデメリットもあります。

中古物件をリフォームするメリットとしては、まず建物の購入費用を抑えられることが挙げられます。基本的に中古物件には販売経費が上乗せされないので安い価格で購入可能です。また建物の購入費とリフォーム費用を合わせても、新築住宅を購入するよりも安くなるケースが多いです。さらに立地条件が良い住宅を購入できる可能性が高いのもメリットのひとつです。立地条件を選べない新築住宅とは異なり、中古物件の場合は人気エリアで見つかることも少なくないため、希望するエリアに住める可能性が高まります。
一方で中古物件のリフォームには自由な間取りにできないことが多く、構造部分の老朽化や劣化を確認するのが難しく耐震性などに不安が残るケースがあるといったデメリットが存在します。加えて新築住宅と比べてメンテナンス費用が高くなる傾向があるのもデメリットです。

このように新築住宅の購入と中古物件のリフォームには、それぞれメリット・デメリットがあるため、一概にどちらが良いとは言いきれません。
しかし中古物件のリフォームは費用を抑えることができるため、資金面に不安がある方は中古物件のリフォームの方が適しているかもしれません。
また人気のエリアに住みたいという方も、中古物件の方が希望するエリアに住める可能性が高いです。
一方である程度の資金があり、自由な間取りにしたいという方は新築住宅の購入を選択すると良いでしょう。