できるだけ安くお家を建てたい…

満足のいく家づくりをするための抑えておきたいポイント

マイホーム計画を進める上で注意したいポイントは数多くありますが、理想のマイホームの定義は人それぞれです。満足する家づくりをするためには、まずどのような住宅が理想なのかを具体的にイメージすることが大切となります。
例えば広々としたリビングでくつろぎたい、家事がしやすい住宅が良い、犬を飼いたいといった希望を家族全員で書き出していきましょう。
そして書き出した理想を絶対に譲れないものとできれば叶えたい程度のものに分けておけば、スムーズに家づくりを進めることが可能となります。
なお理想が中々思い浮かばないときは、現在住んでいる住宅の不満点を挙げていくと良いでしょう。
どんな些細なことでも現在の住まいに対する不満や不便に感じている点を挙げていくと、家族全員が満足できる家がどのようなものなのかが見えてくるはずです。

また理想の住宅を考える際は、家族構成を十分に考慮することも重要です。
例えば小さな子供がいる家庭や高齢者がいる家庭などにおいてはデザイン性よりも安全性を重視すべきですし、共働きの家庭においては家事を効率的に行えるかが重要となるでしょう。
加えて実際に家づくりの計画をスタートさせて間取りを考える際は、日当たり・風通り・収納スペース・動線といったポイントに注意しましょう。

日当たりは冷暖房効率を左右する要素となるため、できるだけ日当たりが良くなるように間取りを調整することをおすすめします。ただし、日当たりが良すぎると、夏場に室内が暑くなりすぎる恐れもあるので注意が必要です。
なお冷暖房効率は部屋の広さや天井の高さにも左右されるので、必要以上に広い部屋や高い天井にしないことも大切です。
また風通りが悪い住宅は結露やカビが発生しやすく、ダニも繁殖しやすい環境となってしまいます。そのため風が真っ直ぐに吹き抜けるように窓や通風口などを対面に設定するなどの工夫をすることも重要です。
さらに収納スペースや動線についても十分に考慮しましょう。収納スペースについては単に広さを確保するだけでなく、収納するモノに合わせた高さや奥行きにすることが大切です。加えてライフスタイルに合わせ、ウォークインクローゼットやシューズクロークなどの収納を取り入れるのも効果的でしょう。

動線は家族構成やライフスタイルなどによって様々ですが、住宅の住みやすさに直結する要素です。基本的にはできるだけシンプルな動線の間取りを心がけましょう。
ただし家具を配置した結果動線が遮られてしまったというケースも多いため、間取りを計画する段階で家具の配置も考えておくことが大切です。