できるだけ安くお家を建てたい…

間取りで失敗!?収納、生活動線、配線等に気を付けて

マイホームを建てたものの失敗したと後悔する方は決して少なくありません。よくある失敗としてはメンテナンス性が低い外壁材を使ってしまった、駐車スペースを設ければよかった、もう少し高いグレードの住宅設備を採用すればよかったといったものが挙げられます。
また外壁のメンテナンス性や住宅設備のグレードなどとともに失敗しやすいのが間取りです。
間取りは生活の質に直結する要素となるため、決める際は注意すべきポイントを押さえておくことが重要です。

マイホームの間取りを考える上で重要となるポイントは数多くありますが、特に収納や生活動線、配線・コンセントなどは十分に考慮すべきポイントと言えます。
まず収納に関してですが、単に広いスペースを確保するだけでは後悔につながる恐れがあります。
収納を考える上で重要となるのは、実際にモノを取り出したりしまったりするシーンを思い描くことです。何をどこに収納するのかを具体的にイメージすることが大切です。また、将来的に必要となるモノについても考慮しておきましょう。

加えて間取りを決める際は生活動線を十分に考えておくことも大切です。例えば2階のベランダに洗濯物を干すにもかかわらず洗濯機を1階に設置してしまうと、洗濯物を効率的に干すことができません。住みやすい住宅は生活動線がシンプルなことが多いため、間取りは生活動線をイメージしながらつくり上げていきましょう。
また配線やコンセントに配慮することも重要です。例えばドアを開けた際に扉の裏に照明スイッチが隠れてしまう、コンセントが遠いために掃除機がかけられない場所が生じるといった失敗例は非常に多いので注意が必要です。

さらにリビングの広さについても注意しましょう。広いリビングに憧れを抱く方は非常に多いかと思いますが、冷暖房効率を低下させてしまう原因にもなります。
ただし気密性や断熱性を高めることで冷暖房効率を高めることは可能なので、リビングを広くしたい場合は気密性や断熱性にもこだわりましょう。

その他にもリビングやダイニングの真上にフローリングの部屋をつくったことで物音が気になる、玄関のタイルを汚れが目立つ白や黒にしてしまったといった失敗例もあるので、フローリングの部屋の位置やタイルの色にも注意すべきと言えます。
なお間取りは建物の耐震性を左右する要素でもあるので、間取りはデザイン性や住みやすさだけでなく耐震性にも注意しながらを決めましょう。